営業時間:9時〜18時【土日祝はお休み】

Love Your Portrait!

欲しい結果や未来を手に入れるポートレート撮影しましょう

ブランディングをなめんな!「まえだけいすけ」さんのポートレート撮っちゃった!

SHIHO
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SHIHO
自身を語るポートレート、独自な特性を持つ作業(仕事)などを自分パブリッシング用に撮ってます。自分CM用動画撮影、ホワイトボードアニメーション製作してます。愛する家族や恋人との写真も撮りましょう。
詳しいプロフィールはこちら

ブランディングをなめんな!のブログでおなじみの「まえだけいすけ」さんの撮影させていただきました。

ブランド戦略家:まえだけいすけさん

 

ブランディングに関する基本的な講座やセミナー、戦略やポジショニングなどを生業とされている「まえだけいすけ:前田圭介」さん。
 
その道20年の経歴はお話を聞いていると頭を縦にふることばかりで為になる内容ばかりです。
 
 
まえださんとは、デジタルマーケッター松原潤一さん主催のBMSというオンラインのビジネススクール&コミュニティグループで開催された「セミナーや撮影、飲み会をひっくるめためちゃ楽しいオフ会」で去年の10月にお会いしたのが初めてでした。
 
 
最初お見かけした時は、細かいところにも気を使っていらっしゃる(洋服や持ち物)かなりのこだわり派とお見受けしました。私、結構こういう自分だけの頑なこだわりを持ってる方が好きで、探りたくなってしまうタイプなのです。^^

 

残念ながら、その日は撮影に必死になりすぎあまり皆さんとお話する時間もなかったので、前田さんとも「膝を突き合わせてお話する」という時間は持てませんでしたが、私が勝手な想像でこんなカットや雰囲気が似合うなぁと思ってレタッチしました。
 
 
 
その時の前田さんを撮らせていただいたのがこちら
 
 

撮影依頼内容はプロフィール写真の撮影

 
私に依頼してくださった理由は
 
「よくあるコンサルタントのプロフィール写真みたいに胡散臭くしたくないから志保さんに」
 
↑これめっちゃ嬉しい依頼理由のご説明です。
 
私が孫悟空ならお釈迦さんの手のひらで如意棒振り回して暴れまくるくらいの嬉しさでした。(なんでその例えやねん)
 
この言葉に林の心は一瞬にして溶けてしまい「もちろんです!」の即返事でした。
 
なんで私を選んでくださったのかという気持ちを聞かせていただくと、こちらの撮影姿勢にも力が入りますので、撮影者の方に言ってあげてください^^きっと良いものが出来上がってくると思います。
 
今回は、ヘアメイク(Takaちゃん)も入れての撮影です。
 
ポートレート撮影をされる時にはやはりメイクさんを使われるのはおすすめです。
 
メイクさんは「どう見て欲しいか」ということを伝えるとそれに応じたヘアメイクをしてくれるし、その日の顔色にあった色を使い整えてくれるので、安定したポートレートが撮れると思います。
 
いつも一緒に参加してくれるTakaちゃんとは前もってクライアントさんのテイストをシェアし、撮影に向けて必要なものを話し合います。時には、場所や照明具合などでクライアントさんにもってきていただく衣装や小物などのアドバイスもさせていただいてます。彼女はテイストに加えスタイルや色味も大事にイメージを整えてくれるのでとても助かっています。
 
 
せっかくそれなりの料金を払って撮影されるのであれば、メイクさんはつけていただくことをオススメいたします^^。
 
 

ポートレート撮影に必要なもの

 
 
ポートレート撮影の際には、撮影するものとしてとても重要になる「その方自身」の情報について簡単な質問をさせていただいてます。場合によっては実際にお会いしたりZOOMなどにてお話を聞かせていただいたりすることもしばしばあります。
 
というのも、撮影する側として「その方のことを少しでも知っておきたい!どんな想いがあるのかを知りたい」という意識がポーズやライティング、場所の選定なんかにも出てきたりするのです。
 
この場所はこの方には似合うけど、でもこの方はこっちの方が好きだろうな。。。という感覚。
 
ここは重要だと思っているのです。(女性の方だとかなり話し込んだりします)
 
それから、その人が知らずにいる表情やしぐさ。目の動きやそぶりがすごく素敵だったり、会話はその人の全てを表したりしてるので、素敵な一部を見つけるのがまた楽しいんです。
 

林一番人気のめっちゃカッチョいいと思う表情。

 
前田さんという方はご自分のことをよく理解されている方で、ご自分が何が好きでどんな雰囲気で撮影をするのかというところまでわかるような、いつもより詳細にご自分のテイストをお知らせくださったのでとても動きやすかったです。
 
 
それを聞いておかないと、林の想像上の「まえださん」で撮ってしまうことになるので、ご本人のイメージとは異なる場合もあるのではないかなと思ってます。
 
 
これほんと面白いんです、その方のテイストをお聞きすると「へぇ〜そうなんや」「意外!」「なるほどそういう方なのか」とか時にはびっくりしたりすることもあります。
 
例えば「好きな俳優さん」を聞いたとします。そしてその方の選択された俳優さんとご本人を見比べるとどちらにも「えっここ?!」みたいな共通点があったりするんです。
 
人間の無意識って本当にすごいなと、みなさん本当は自分のことを心の奥の方でわかっていらっしゃるんだなーとつくづく感じる分野なんですよ
 

ポートレート撮影中の雰囲気

 
撮影に来られた前田さんは以前と少しイメージが変わっていらっしゃって、、、なんというか洗練されたというかスッキリ爽快感のある前田さん(いやいや以前よりも増してです^^)
 
 

はにかみーまえださん

私的にはエレカシの宮次風に撮ってみた

 
 
初めは
「いやーめっちゃ恥ずかしい!
「あかん無理 恥ずかしすぎる」
 
とおっしゃっていて、ぎこちない表情をされていました。「とりあえずちょっと笑ってみましょうか?」の問いかけに、
この上なく固まった表情に気持ちだけ満面の笑みで、、、^^;挑まれました。
 
勇気に拍手です!!!
 
メイク担当のTAKAちゃんと二人で「これからこれから!だんだん目が開いてきますよ〜」とワイワイと煽るので、前田さんも恥ずかしさが麻痺したようで、お互いに慣れてくると言う感覚も大事ですよね。
 
お仕事のお話をしていただいているうちにだんだんと前田さんの「目がキラキラ」「表情もクルクルと変わる」が始まり、時には撮影する手が止まって聞き入ってしまうほどでした。
 
前田さんのお仕事トークでいろんなお話を聞かせていただいて、こっちは勉強になるわ、前田さんは良い表情をされるわ、で一石二鳥の撮影になりました。
 
 
ご自分では「暑苦しいくらい”クソまじめ”。」 素のままじゃ、『ビックリするくらいツマラナイヤツ』です。
 
と自負していらっしゃいますがイヤイヤなんのなんの、
 

彼は侍スピリッツの持ち主、曲がった事が大キライな人で私にとっては「めちゃツマルヤツ」(←言葉ごめんなさい)でした。

やっぱり知識と理論と技術を積み上げて来られた20年のお話はオモシロイ!!!というか腑にストンと落ちます。

ブランディングに関するお話がとても面白くて、、、「腕組みと指組みがどう脳と心に作用しているのかのメカニズム」もっと詳しく聞きたかったです。前回お会いした時もセミナーでそのお話をしていらっしゃって、撮影も忘れて聞き入ってしまったのを思い出しました。

前田さんのクルクル変わる表情がとても印象的で、撮影されている事を忘れているかのようにあまりに表情が変わられるので、撮影する側としてもとても楽しく引き出させていただきました。

ほんまに楽しい撮影の機会をいただきありがとうございました!!この写真が前田さんに実りを運んできますように。。

 

おまけの話
これ言うたら怒られるかもしれないんですが(勝手に写真見せたんで)、私のお友達独身女性3人に個人的に写真を見せたら3人とも「この人ええ感じぃ〜紹介して!❤️」と言われました

 

ブランド戦略家:まえださん情報はこちら

WEB集客導線構築アドバイザーにしてブランド戦略家の”まえだ けいすけ”さん

 

 Webサイト:ブランディングなめんな!!

プロフィール:まえださんプロフィール

Twitter: 前田圭介@S.I.M.

Facebook:まえだ けいすけ@webブランド戦略研究家

Instagram: keisukemaeda_sim

 

無料 E-Book!

仕事につながる!

プロフィール写真 本格仕様で簡単に撮る 「7つのコツ」

これでいいの?私のプロフィール写真。。。 SNSでは働き者のプロフィール写真、あなたのイメージを表せていますか? 自分のプロフ写真が今ひとつ好きになれない、なんだかちょっとイメージが違う、適当に撮ったからいまいちパッとしないと感じていませんか? このE-bookではプロの写真家の機材を使う事なくお気に入りのプロフィール写真を手に入れる方法をご紹介しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
SHIHO
自身を語るポートレート、独自な特性を持つ作業(仕事)などを自分パブリッシング用に撮ってます。自分CM用動画撮影、ホワイトボードアニメーション製作してます。愛する家族や恋人との写真も撮りましょう。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Shiho Hayashi Photography , 2019 All Rights Reserved.